家を建てた方への新築祝いとは

新築

20代後半から40代にかけては、結婚のお祝いや出産などのお祝い事が続くものです。
自分がまだ社会人になって間もない時は、こういったお祝い事に支払うお金もバカにならず、財布を苦しめることも多々あるでしょう。

ただ、自分が同じ立場であれば、友人や同僚、上司などに祝ってもらうことは大変嬉しいことであり、支払う額といただける額を相殺してしまえば、出費ばかりに目がいくこともなくなります。
誰かにお祝いを渡すという行為には、日頃の感謝の気持ちも含まれていますし、これからも良いお付き合いを続けるという思いを込めて送るようにしましょう。
結婚や出産については、周りにも経験者が多く、自分でも実際に贈ったことがあるので、要領を知っている人がほとんどだと思いますが、新築祝いとは?と聞かれると、どのようにしたらよいのか分からないものですよね。

そもそも新築祝いとは?

新築祝いって?

そもそも新築祝いとは、相手が家を建てた時に贈るものです。
先ほどのように、これからの新生活を祝うだけでなく、日頃の感謝の気持ちも込めて贈るようにしましょう。

結婚、出産とタイミングが重なった場合は?

出産

新築祝いとなると、結婚のタイミングや出産のタイミングと重なることがありますよね。
分けて贈った方が、それぞれのプレゼントに重みが出てくるという事もありますが、これは一緒にしても分けても問題はありません。

出産祝いの情報サイトはこちら

贈られる機会が減っている?

会社

新築祝いが贈られる機会も少なくなったようですね。
個人情報の管理が厳しくなり、会社に申請している自分の住所を知らない人も多くなっています。
そのため、家を変えたとしても誰も知らないなんてことがあるくらいですから、お祝いを贈りたいと思っていても叶わないことが結構あるのです。
少し寂しい気もしますが、直接話しを聞いて、家を建てたということを知ったのであれば、何か贈ってあげるようにしましょう。
新築祝いとは何か分からないと諦めるのではなく、結婚と同様に一生に何回もあるわけでもありませんから、
しっかりと考えて気持ちを伝えてあげることが大切です

新築祝いの贈り物ショップ5選

コンテンツ

基礎情報

新築祝いの基礎知識!

新築祝いの基本的な情報集です。
相場、マナー、忌み言葉など・・・・贈る前にマナーチェック!

みんなの体験談

新築祝いの体験談

実際に新築祝いを贈られた方のエピソード集です。
どんな贈り物をされている人がいるのでしょうか?参考にどうぞ

その他の記事

pagetop